医療法人森田会 

骨が痩せていたらインプラントはあきらめるべきですか?

  • 歯周病が進行して骨まで削られていたり、歯が抜けたのを長年放置してその部分の骨が痩せていたりして、十分な骨の幅と高さがなく、通常のインプラント手術が難しい場合、骨の移植・再生手術を行えば、インプラント治療ができる場合があります。
  • 当院では以下の方法で対応しています。
    サイナスリフト法、ソケットリフト法
    インプラントを埋める部分の骨に、自分のあごの骨などの一部を移植して、インプラント植立に必要な骨の厚みを作る方法
    GBR
    インプラントを埋める部分に、粘膜組織などが入り込まないよう、ゴアテックス膜を用いて骨を再生させる方法。自分の血液から採取した多血小板血漿(けっしょう)を注入する場合もあります。

お気軽にご相談ください。 TEL 082-249-2002 受付時間 9:00~18:30(土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © 平和通り歯科口腔外科 All Rights Reserved.