医療法人森田会 

オールセラミックスクラウン

  • HOME
  • » オールセラミックスクラウン

オールセラミックスクラウン

オールセラミックスクラウンとは、金属を使用せずセラミックだけで歯のかぶせ物を作る修復方法です。

歯科治療で前歯や小臼歯を被せる形で修復する際、保険制度では「硬質レジンジャケット冠」という冠全体を硬質レジンという樹脂で作る方法や「硬質レジン前装冠」という金属にレジンを貼り付ける方法を用いますが、レジンは材質が柔らかい為強度的に問題があり、色調の再現性にも限界があります。また吸水性があり長い間には変色することがあります。

一方、セラミックは、水分の吸収が無く変色しない為、長い年月歯を白く保つのに適し、透明感のある自然な歯に近い色調を再現することが出来ます。

「メタルボンド・セラミック」と「オールセラミックスクラウン」があり、金属にセラミックを焼き付けたメタルボンド・セラミックは強度的にも優れ、長い歴史を持った優れた方法です。ただし金属を使用するため光が透過できず透明感では劣ります。また歯とハグキとの境目が黒くなる(ブラックマージン)という短所があり、金属アレルギーがある方はアレルギー症状を引き起こす可能性があります。

歯科金属アレルギーとは、歯を治療した際に詰めたりかぶせたりした金属がイオン化して溶け出し体内に入り、抗体性(アレルギー性)を持つようになり、さまざまな慢性症状が引き起こされている状態のことです。

オールセラミックスクラウンは金属を使用しないので、自然な透明感が再現できる、ブラックマージンが出ない、金属アレルギーなどが起こる可能性がないなどの利点があります。加工技術の発達により、セラミック素材だけで十分な強度を得ることができるようになり、歯が欠損している箇所でも、ブリッジといってその箇所をダミーの歯で橋渡しする方法も可能です。

オールセラミックスクラウンにはいくつかの種類があり症例に応じて選択する必要があります。セラミックは保険適用外の治療となりますので、担当の歯科医師と十分相談してください。

お気軽にご相談ください。 TEL 082-249-2002 受付時間 9:00~18:30(土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © 平和通り歯科口腔外科 All Rights Reserved.